中学受験算数の攻略法

中学受験の指導をしている中で、子供たちが一番苦手に感じやすいのは算数です。

何人もの生徒を見てきましたが、やはり中学受験の算数となるとかなりハイレベルであり、小学校で勉強しているような算数では到底通用しないようなものが多く、応用に応用を重ねたものが試験問題として出てくるわけですから、計算力とは別に論理的思考力も重要になって来るわけです。

私が中学受験の算数を指導するうえで心がけているのは、やはり楽しんで勉強してもらうということです。

苦手意識が生まれてしまう原因としては、難しいからというのが格段に多く、難しいとその問題を解こうとしないので次第に苦手になっていくのですが、中学受験では苦手意識をなくさないと通用することができませんから、まずは算数を楽しんでもらうように指導を心がけています。

例えば、算数の場合は解けたときの達成感は他の教科の比になりません。単純に覚えたら解けるとか、計算するだけではないからこそ、頭を使って考え、様々な解法を試行錯誤して、その結果、問題が解けた時には達成感どころか、感動することすらあります。

しっかりとその楽しさを伝えてあげてください。私はそれをゲーム感覚で楽しめるような指導を心がけています。例えば、正解か不正解かはそこまでこだわらず、途中までのセーブポイント的な部分を作っていって、そこまでいければとりあえず褒めるようにします。そして少しずつヒントを出すようにします。

ここで重要なのは、答えを教えないということです。ヒントを与えたとしても、自分の力で解いたということが達成感であったり自信に繋がるのです。

塾だけではなく、自宅での学習でもそれを心がけてあげてください。塾でせっかく楽しく算数を学んでいるのに、ご家庭ではそうでないとなると、やっぱり子供は算数が嫌いになってしまします。

そして一番重要なことは子供に決して算数が苦手と言わせないことです。同じく親御様も「算数が苦手だね」と言わないようにしてください。特に多いのが、「お母さんと似て算数が苦手だね」といってしまうことです。それを言ってしまったらもう「算数=苦手」と認識して、苦手意識を持ってしまい、楽しくなってしまうという、負のスパイラルに陥ってしまうのです。

ですから、まずは苦手意識を持たせないということを徹底してください。そして、次に楽しくなるような工夫をしていくことで算数の成績は自然と伸びていきます。
参考サイト