算数の基礎を定着させる

中学受験において算数は重要な科目であり、志望校に合格できるかを分けるポイントともなります。中学入試で問われる算数の出題内容としては、文章問題などの複雑な形式の問題がほとんどで、見ただけで諦めてしまう子どもたちも多いです。

しかし、そのような複雑な問題だからこそ、簡略化する方法を身に付けさせるだけで、中学受験での得点が大幅に上がる可能性が高いと言えます。

特に、問題文が長い場合には、見ただけで難しい問題だと判断してしまう子どもが多いです。しかし、基礎力を付ける事によって、普通の問題と同様に解く事が可能になるため、周囲の子ども達に大きく差を付ける事が出来ます。

中学受験の算数で必要とされる基礎力は、計算の正確性だけでなく、文章の中から解答に必要なポイントを抜き出す力です。解答に必要な部分さえ把握する事が出来れば、その他の部分については特に触れなくても問題を解く事が可能になります。

そのため、複雑な文章問題が出題された時には、求めるべき答えは何かをいち早く理解し、不要な情報を消していくという作業が重要となるのです。

このような勉強方法には、問題集を使って慣れる事のほかに、文章をよく観察する観察力を付けることが必要になります。