算数の入試問題の傾向をつかむ

中学受験で志望校に合格する事ができるかどうかは、試験での算数の結果が影響する場合が多いです。算数では、計算問題などはどこの学校でも問われる事になりますが、解くために必要となる能力は出題する学校によって大きく変わります。

特に、難易度の高い進学校の場合には、計算問題から受験のための技術的な解法が必要となるケースが多いです。そのため、単に算数の問題集を進めるだけの勉強方法では不十分だと言えます。

中学校によっては、過去に出題された計算問題を公表している学校も多いですが、より簡単に解くための方法を知っているかどうかを問われる出題形式になっている問題がほとんどです。

計算問題に時間をかけすぎてしまう事で、その後の文章問題に使う事の出来る時間が減ってしまい、合否を分ける事になってしまいます。

また、文章問題の出題傾向を学校ごとに把握する事も同様に重要です。同じような事が問われている文章問題であっても、受験生の能力を試すために、あらゆる問い方で文章問題を出題する学校もあります。

また、文章をよく読まなければ引っかかってしまうような文章問題を出題するような学校も増えているために、そのような問題の対策を十分に行う事が中学受験成功の条件です。